» 2016 » 10月のブログ記事

先日懇意にしているタイヤショップへ定期無料チェックに行った時の事。
そこは待合室で無料でコーヒーが飲める等サービスが充実している事もあり、タイヤやバッテリー交換、ホイール購入を始め色々とお世話になっているお店で信頼も高いものでした。
いざチェックが終了しスタッフが出て来るなり「全くと言っていい程問題は無い」との事。自分としてはそれまで結構まめにドライブし走行距離も稼いだつもりでいた為、その言葉が意外に感じられたのです。

車査定 簡単 無料 方法とは?

5eb8818721d6f667045066aa84fd2eba_s
最近は各交換パーツの寿命が延びた事もあり、あまり神経質に各部に気を配り過ぎるのは精神健康上あまり良くない事、それでも普段から異常無き事を確認する目的で来られた方が突然のトラブルにも見舞われず、結局正解なのだという事もアドバイスしてもらいました。
新古車として購入し早7年近く経過したこの車も、そろそろガタがきている部分があるのかと思ったのですが、そこを尋ねると「大事に乗られている様なのでまだまだ大丈夫」との言葉。これならもう少し私のカーライフに付き合ってもらえそうな感じです。
いずれにせよ何らかのトラブルが発生してから対処していたのでは車の為にも良く無く、大きく寿命を縮める結果となりかねません。中古とは言えせっかく大金を叩いて購入したのですから、今後も少しでも寿命を伸ばせる様、まめなチェックと点検は欠かせなくなりそうです。

乗れない車とは、ただのゴミになってしまいます。免許証がなければ、話になりません。運転手が居ないということにならぬよう、まずは自分から積極的にドライブテクニックを上げていくのも、日頃の大切な意識です。
仲が良い家族の中に、一人でも二人でも、つまりは多ければ多いほど、運転手が増えることで安心が生まれます。運転の上手とか下手、そういう基礎的な範囲ならば、経験値をアップさせるだけでよいと考えます。おそらく【慣れ】という言葉だけで、説明は済むはずです。カメラ撮影の上手か下手か、という考え方と共通してくるような気がします。

ec1cb8a1c35e56e127f281131fe7b154_s
車を壁やガードレールなど、こすったりぶつけてばっかりな不向きな体質さえなければ、あとは速度の出しすぎにも注意です。運転に関しては、ブレーキ制御さえ身に着ければ、他はそれほど悩むこともないように思うのです。
私が今、乗りこなしている車両のボディーが傷んでいるのは、自分の前のユーザーがこすったりしたために、美しい車体を損ねただけです。
ちょいと昔のように収入さえ安定してくれば、私も買い換えたり塗装の直しなどを考え直したいものです。現状としては、新車購入もなく今までどおりに一年でも長く乗り続けるしか考えてないのです。
長く乗っている車は、中古物件(=家)とそっくりです。徐々に時間をかけてあちらこちらが順番に壊れていくため、その後には部品交換を必要とします。新車は先に出費が嵩み、中古車は後々に結局は金銭出費を覚悟しなければならないという、オーナー(所有者)目線でのイメージをズらズラッと、私の言い回しで初めて執筆してみたのです。上手く書けてないとは思いつつ、外国人へのメッセージではないので、ある程度の表現は実現できたかなと感じている今です。