» 2016 » 9月のブログ記事

現在では、自動車のハイパワー化が進行してきているのではないかと考えられています。多くのタイプの自動車において、このような傾向が確認されるようになってきており、多方面で大きな話題のひとつとして取り上げられているのではないかと思います。このような特徴が強く見受けられていくことによって、高性能な車が多くなることにも直結していくのではないかとみられています。そのため、多くの自動車のユーザーから、パワーが強化されることに関しては概ね歓迎される状況となっているのではないかと推測されています。

1f3664d181e71a5b4c0f14398cebd754_s
この数年は、自動車のハイパワー化を推進する流れも強くなってきており、日本では特にこの傾向が強くなっているのではないでしょうか。そのため、多くの車で強力なエンジンやターボを搭載した自動車も見受けられるようになってきており、注目の度合いが増していると言えるのではないでしょうか。様々なバリエーションの車が存在するようになり、その中でハイパワーなものも数多く見受けられています。そのため、今後はより多くの人々によって、自動車が日常的に運転されるようになっていくと考えられており、強い関心が寄せられるのではないかとみられています。

こうすればトヨタ アクア 値引きして購入できる!

9dab4e8772f32b06fe43a56713291d37_s

1941年に登場するや否や瞬く間にベストセラーとなったアメリカ・ジープの元祖「ウィリスMB」。過酷な戦場に耐えうる信頼性と高性能はアメリカ軍のみならず連合軍からも重宝されました。
1945年の第二次世界大戦終戦後アメリカ軍が駐留することとなった日本では、朝鮮戦争勃発や警察予備隊(後の自衛隊)創設などによりウィリスMBのような高機動な車両の需要が高まり、アメリカ・ウィリス社と三菱自動車が業務提携することにより日本でもジープの生産が開始されるようになりました。
本国アメリカから部品を調達して日本で組み立てを行う「ノックダウン生産」により生み出された和製ジープは自衛隊に採用され主力車種となるとともに民間にも販売され、アウトドア愛好家や過酷な環境に生きる人から高い支持を受けることとなりました。
三菱版ジープは、その後パジェロに取って代わられるまで三菱自動車の主力車種であり続け、1998年まで生産・販売されました。ボディスタイルはショートホイールベースタイプ・ミドルタイプ・5ドア仕様・多人数乗車可能なロングタイプが用意され、エンジンはガソリンとディーゼルがラインナップされました。車内インテリアは余計なものを一切省いた武骨なスタイルそのもので、小ぶりな速度計に細いステアリングホイール、マニュアルしかないトランスミッションなど、まさに「漢(おとこ)」を体現した車でした。