場所は東京、時期は3月半ばに差し掛かる引越し業者の繁忙期でした。
引っ越し比較サイトを利用して、安い引越し業者を探そうと躍起になっていた私ですが、さすが繁忙期といったところで多くの会社にかなり高い金額を要求されました。
高い料金で引っ越すしか無いのかと落胆していた私に、破格の条件で引っ越しを承ってくれる引っ越し業者さんからのメールが届いたのです。
安い価格の引越し業者さんを引き合いに出すことで、他の引っ越し業者も安くなるのではないかと思った私は高い金額を要求していた引越し業者に今一度電話をしてみたのです。ですが、破格の条件を提示された金額では請け負うことが可能な引越し業者さんはいませんでした。
電話の交渉をして、結局それ以上安くならないと決断した私はこの条件を出して下さった引越し業者さんへ連絡をしました。
しかしながら、決断が遅かったことが原因で、引っ越しをしたかった日付ではもう枠は埋まっており、引っ越すことは出来ないと言われたのです。

最終的には自分で車を借りて引っ越すという手段をとったのですが、東京の引っ越しというのは戦争であると感じました。
繁忙期の東京で引っ越しをするなら、自分の直感を信じて引越し業者を選んだほうが良いと思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする