先日引越をしたときの話です。荷物の少ない簡単な引越なので、費用を抑えることが最優先でした。見積もり比較サイトでさまざまな業者さんとやりとりするなかで、1番低い価格で、不要品も引き取ってくれて、電話での対応もよし!という私にぴったりの業者さんをみつけ申し込みをしました。
ただ一つ気がかりだったのは、その引越業者さんの名前に馴染みがないこと。ホームページはごくごく普通だし、営業さんの対応もきちんとしていたので、ここは価格優先でと、深く考えないことにしました。

そして、引越当日。仕事が忙しく夜も遅い生活のなか、荷造りは当日まで長引いてしまいました。急いで荷造りをしていると予定時刻より1時間以上も早くにチャイムがなりました。
前の引越が早く終わったなら普通は前もって連絡を入れるべきじゃないかと業者さんに不信感が。

玄関先の業者さんはユニフォームを着用していなかったので、私が申し込みをした会社が業務委託をしている引越屋さんなのでしょう。不要品の引き取りもしっかりと引き継ぎできていないし、やる気も感じられないし、汗臭い。

そして、養生もしないままに荷物を運び出しました。
当時は新築のアパートに住んでいたのでちょっとした傷でも私がつけたものになってしまいます。
最初から最後までひやひやしっぱなしでした。

以前は業界ナンバー1の某業界にお願いしたのですが、やはりナンバー1に選ばれるだけの技術とお客様への対応力があるなと身をもって感じました。

これから引越することがあれば、価格優先ではなくやはりある程度名前が知られている会社を選ぼうと思いました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする