f87afc59d889df714faa22307388cf76_s

私は運転することが大好きです。青果の仕事をしていて2tトラックに30年以上乗っています。プライベートでも車に乗ることが大好きで日曜日は、ガソリンが高くなる以前までは毎週家族でドライブへ出かけていました。このごろ特に気になることがあります。ひとつは女性の携帯電話をしながらの運転。もうひとつは高齢者の運転です。

車の買い替え前にチェックを→中古車を売るならどこがいい

もちろん携帯電話をしながらの運転は違反です。しかし警察官ではない私に取り締まる権利はありません。女性が携帯電話で話し始めると、必ず車のスピードが落ちます。後ろについていて前の車が信号機も危険物もないのに減速しておかしいなと思うと、やはり携帯電話を耳元に当てているのは女性です。そして長電話が多いです。話に夢中になるといきなり車を停めたりするので、そういう運転手を発見したときは車間距離を空けておきます。次に高齢者の方です。高齢者の方は非常に視野が狭いことが特徴です。皆さんも経験があるかもしれませんが、高齢者の運転する車が脇道から本線にいきなり飛び出してきて急ブレーキを踏んだことがあります。しかし高齢者の方はまったく気づいていません。本線を走る車が見えていないのです。本線の車が見えていたとしても、スピード感覚の違いから高齢者の方は発信しても間に合うと勘違いしている場合もあります。信号無視も多いです。無視しているのではなく見えていないのです。最近体験したことは、県外ナンバーの高齢者が運転する方がいきなり停まりました。そこは交差点でもなく普通の直線でしたが、標識に書いてある字をはっきり見ようと停まったのです。勘弁してくださいというような事例がありますので皆さん運転にはご注意ください。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする